エアカーテンとはどういうものか

###Site Name###

エアカーテンは人の出入りの多い建物などで入り口部分においてドアを付けても開閉が激しくなるだけでむしろ開放状態にしてドアの替わりに空気の流れを作るという手法のことを言います。


エアカーテンによって百貨店や工場などで熱負荷があまり変化せずに外部からの粉じんや虫の出入りを抑え、煙や臭いをも遮断できます。

遮断効果については外気の流れの強さや空調機の気流の強さ、あるいは換気設備の運転の状態などによって効果が低下する場合もありますから、その辺りのことは現場に合わせて調整等を行うことも必要となります。


このシステムが効果的に使える場所は百貨店やスーパーマーケット、書店やみやげ物店、給食センターや食品工場、老人ホームの出入り口などがあります。

24時間換気について調べるならこのサイトです。

機能的にはデザイン性に優れ、外部から目立たない天井面への埋め込み式のものがあって好ましいとされています。



幼児などの生活する環境では静かな音が望ましく、シロッコファンの採用によって8dbぐらいの音の強さにまで抑えることが出来ます。


最近は省エネ化にも配慮されたタイプのものが生産されていて、平均17%ほど消費電力が削減可能となっています。

保守や点検面でも大型前面パネルで脱着も容易になりましたので、掃除や点検などのメンテナンス作業が容易になりました。


以前よりも風速がアップしたために遮断効果も上がっています。エアカーテンを取り付ける場合には基本的な事項をメーカーサイトなどで調べておき、取り付け工事の説明書や図面、仕様書等を確認しておきます。



電話で判らないところを尋ねることもできます。